日本人は、

本当に恵まれた環境に生活しています。

日本の銀行網が非常に発達しているからです。
送金に不便を感じることはありません。

日本国民の銀行使用率は、
97パーセント以上です。

お金の振込に関して、
郵便局同士なら手数料は無料です。

銀行間の振込だとしても、数百円程度です。

送金スピードに関しては、
遅くても翌日に送金されます。

ましてや、
海外に送金することなど、
滅多にないですよね。

この環境は、
世界の常識ではありません。

アメリカでも、
銀行間の送金手数料が数千円かかります。
送金されるまでに、3日から5日かかります。

ましてや、フィリピンでは、
国民の30パーセントしか
銀行口座を持っていません。

フィリピンは、
著しく経済成長を遂げていて、
もうすぐ先進国の仲間入りを果たそうとしています。

それでも、
フィリピンから日本に出稼ぎに来た方が、
家族にお金を送金したい時、
銀行口座が無いためお金を送金できません。

では、
どうやって本国に送金しているのか。

送金代行サービスを利用しています。

本国の家族に、
五万円送金するのに五千の手数料を
支払っています。

家族の送金のために
多額の手数料が中間代行者に支払われています。
なんだか切なくなりますよね。

「海外送金のコストが非常に高い点」
「銀行口座の普及率が低い点」

これらの問題を解決するために、

銀行を通さず、個人個人でお金をやりとりできる
暗号通貨”ノアコイン”が必要となります。

フィリピンでは、
スマートフォン普及率人口比100パーセントを
こえています。

これは、日本と同じ水準です。

日本で出稼ぎしているフィリピンの方々が、
いつでもどこでもだれでもできる。

手数料がなく、
すぐ届くお金を欲しいと思うのではないでしょうか。

そして、
世界のほとんどの国が
この暗号通貨”ノアコイン”`の必要性を感じていると思います。

【”NOAH COIN”について】

ブロックチェーン技術を使った
経済成長を支援する
世界初の”暗号通貨”です。

【”NOAH PROJECT”とは】

海を隔てた2つの国をつなぎ、
存在する様々な国家的問題を解決します。

売上の一部は、
母体であるNOAH FOUNDATIONによって
慈善活動へ寄付されます。

【OFWの送金コストをほぼゼロに】

OFW(Overseas Filipino Workers)とは、
海外に出稼ぎに出ている
フィリピン人労働者のことで、

その賃金が世界中からフィリピンへと
送金されています。

ノアコインを用いることで3兆円にも上る送金の
手数料をほぼゼロに抑えます。

フィリピン人が稼いだお金をより多く
自国へ還元します。

【フィリピンの国家プロジェクト新暗号通貨 ”ノアコイン”の特長】

・送金手数料がほぼ無料

・所有しているだけで20%利息が付与

・決済が数秒で完了
ビットコインは、
決済を完了するまで10分ほど時間がかかります。

【NOAH CITY CONCEPT】

フィリピンの首都マニラ郊外にある
ETONCITY”40ヘクタール”の土地を開発。

第2のボニファシオ・グローバルシティ(BGC)となる
国家的大プロジェクトが始動します。

ノアコインは公共料金、ショッピング、カジノ、不動産購入などあらゆるサービスで利用できます。

【ノアコインプレセールのスケジュール】

第1期プレセール:2017年1月11日〜2月19日/$1.00/日本・フィリピンを対象

第2期プレセール:2017年4月3日〜5月28日/$1.14/日本・フィリピンを対象

第3期プレセール:2017年7月24日〜10月1日/$1.18/アジアを対象

第4期プレセール:2017年12月11日〜2018年4月30日/$1.22/世界を対象

公開:2018年6月12日

【NOAH COIN 正規代理店】

http://28066.p28.justsv.com/wordpress_9/?page_id=48

ノアコインについての
お問い合わせご相談は
LINE@からお願いいたします。
https://line.me/R/ti/p/%40qgc9348v

そして最後にもう一つ…
→見るだけで稼げる不思議な映画

It's only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn